確認されている問題点について

ツールの制作にあたっては使いやすさを重視してデザインしておりますが、スマートフォン側の仕様もあり下記の問題点を改善できませんでした。

操作領域が極端に狭くなってしまう

端末のサイズやキーボードアプリの種類によっても異なりますが、スマートフォンのキーボードが表示され、更に予測変換のリストが表示されると、ツールの操作領域(スクロール可能な領域)が極端に狭くなってしまう場合があります。

入力モードが日本語入力になってしまう

環境によっては、URLの入力時にキーボードの入力モードが日本語入力になってしまう場合があります。

特にGboard(Googleのキーボードアプリ)では、入力欄がフォーカスされる度に日本語入力に切り替わってしまうため、スムーズな入力が困難となってしまいます。